年金生活者支援給付金制度って?

JUGEMテーマ:年金

 

消費税が10%に引き上げになるまで、あと2週間あまりとなりました。

私の周りでも日用品のまとめ買いや白物家電の買い替えを急ぐ人などが

でてくるようになっています。(苦笑)。

 

今日は、10月1日からはじまる「年金生活者支援給付金制度」についてです。

この制度について知らない方が多いのではないかと思います。

 

「年金生活支援給付金とは・・・・・

      消費税率の引き上げ分を活用して、年金を含めても所得が低い方を

  支援するために、年金に上乗せして支給されます。

すでに年金を受給されている方で、年金生活者支援給付金の支給

要件を満たしている場合は、日本年金機構から

「年金生活者支援給付金請求書」

が、送付されますので請求手続きをしてください。」

(出典:東京社会保険協会、社会保険新報2019年9月号記事より抜粋)

 

・・・・・自分で請求手続きをする必要があるとのことです。

 

制度の内容ですが、

 

 (1)老齢年金生活者支援給付金

          所得額が一定の基準(※1)を下回る老齢基礎年金の受給者に、

         「老齢年金生活者支援給付金」が支給されます。

          具体的には、国民年金の保険料を納付した期間と免除期間を

    基礎とする以下(A)(B)を合算した金額となります。

 

        (A)基準額(月額5,000円)×保険料納付月数/480

        (B)免除期間に対応して老齢基礎年金の1/6相当を基本とする額

           ※1: 住民税が家族全員非課税で、前年の年金収入とその他の所得

                    の合計額が老齢基礎年金満額(今年度は約78万円)以下で

                    あること(政令で定められます)

 

 (注)所得の逆転が生じないよう、上記の所得基準を上回る一定範囲の人

   (前年の年金収入とその他の所得の合計額が今年度は約88万円)に、

    上記(A)に準じた「補足的老齢年金生活者支援給付金」が支給されます。

 

 (2)障害年金生活者支援給付金、遺族年金生活者支援給付金

    所得額が一定の基準(※2)を下回る障害基礎年金または

    遺族基礎年金の受給者に、「障害年金生活者支援給付金」、

    「遺族年金生活者支援給付金」がそれぞれ支給されます。

 

     障害年金生活者支援給付金

      支給額:月額5,000

      (1級の障害基礎金受給者は、月額6,250円)

     遺族年金生活者支援給付金

      支給額:月額5,000

    ※2: 扶養親族等の有無および数に応じて、政令で定める金額以下であること

   (出典:生命保険文化センターHPより、一部わかりやすく書き換えています。)

 

とのことです。

基本、老齢基礎年金を満額で受給されている方は、「補足的老齢年金生活者支援給付金」

の受給資格があるかもしれませんが・・・。

 

ちなみにこの制度はこれから年金を受給される方にも適応されます。

 

これから年金を受給される方や、

この制度についてもっと詳しくお知りになりたい方は、

厚生労働省HP・日本年金機構HPをご覧になることを

おすすめ致します。

 

今年は台風のたまごが多く発生したり、一日で急に涼しくなったかと思えば、

暑くなったりと体にこたえますね。

皆さん、体調管理には気を付けてくださいね。

コメント