り災証明書・り災届出証明書・被災証明書

JUGEMテーマ:台風って……

 

10月11日から、数十年ぶりと言われる非常が強さの台風19号によって

東海・関東・上信越・東北地方に甚大な被害を見舞われました。

被災された皆さまに対し、心よりお見舞いを申し上げます。

また、一日も早く平常な生活に戻ることができますようお祈り申し上げます。

 

ファイナンシャルプランナーとして何かお役に立てないかと思い、

災害の被害に遭われた際に申請すると、その後の支援やが受けやすくなったり

災害保険(自然災害による損害を補償する保険)の保険金請求が迅速になる

公的証明書について書いてみようと思います。

 

 

*「り災証明書」とは・・・・・

各自治体(市区町村)が、災害の被害に遭われた方の申請によって、

お住まいの家屋の被害状況の調査を行い、

その被害状況に応じて「全壊」「大規模半壊」「半壊」「一部損壊」等

を認定し、これを証明するものです。

災害の被害に遭われた方が各種支援を受けるために必要となることが

多いので、できるだけ早く申請をした方がよいでしょう。

 

 「り災証明書」でどのような支援があるのか・・・・・

 支援を受けられる内容は各自治体によって異なるので、

 詳細は各自治体に問い合わせていただくのがよいですが

 一般的には、

 (1)公的支援について

 ・被害のあった家屋や土地の固定資産税や国民健康保険料が、

  一時的に減免または猶予される可能性があります。

 ・被災者生活再建支援金や義援金の支給を受けられます

 (被害程度や世帯人数・所得の程度によって、受給額が異なります)

 ・公的書類の手数料が無料になります

 ・仮設住宅や公営住宅への入居が優先的に認められます

 ・災害復興住宅融資が受けられます

 (被害程度や世帯人数・所得の程度によって、金利や融資額が

  異なります)

 (2)民間支援について

 ・災害保険(自然災害による損害を補償する保険)の保険金を請求

  する時に大いに役立ちます。

 ・金融機関が、有利な条件で融資を行ってくれる場合があります。

 ・私立学校などの授業料減免の可能性があります。

 他にも自治体によってさまざまな支援制度があると思われますので、

 お住まいの自治体のホームページを確認いただくか、直接お問い合わせ

 をしていただくとよいと思います。

 

 

*「り災届出証明書」とは・・・・・

上記にある「り災証明書」は、申請してもすぐに発行されるわけ

ではありません。最低でも調査から1週間、場合によっては1カ月以上

かかることもあります。

しかし、各種支援との兼ね合いで急を要する場合もあると思います。

そのようなときのために、「り災届出証明書」というものがあります。

これは、「り災証明書」を申請しましたということを証明するもので、

申請すれば多くが即日発行されます。

これがあれば、各支援を迅速に受けられる可能性が高まります。

 

 

*「被災証明書」とは・・・・・

家屋だけでなく、家財などにも損失があったことを証明しなければ

ならない場合があるかもしれません。

そのような時の為に「被災証明書」というものがあります。

(各自治体によって判断基準が異なったり、そもそも被災証明書という

ものが存在しない自治体もありますので、お住まいの自治体に

問い合わせるとよいと思います。)

これは、家屋以外の、家財、店舗、工場などが「被害を受けたかどうか」

を証明するものです。

「り災証明書」と異なり、どの程度の被害であったかを認定するものでは

ないので、多くが即日発行されます。

 

 

今週末も台風のたまごが影響して、大雨が断続的にふる地域があるようです。

これ以上に災害被害の拡大が起こらないことを祈るばかりです。

 

 

コメント